- ポジティブな話題をお届けする、ペイント雑記ブログ -

ペイント雑記ブログ:チラウト

ロンドンに紳士的なクマがやってきた!映画『パディントン』レビュー

本日もAmazonの映画鑑賞記録です。(今回は有料でした)

『パディントン』

しゃべれるクマがロンドンにやってくる話。

本日もネタバレ少なめにお話します^^

f:id:chiramix:20180313205008p:plain

 

 

『パディントン』 あらすじ

パディントン(字幕版)

ペルーのジャングルの奥地。

ある日、大地震が起きて、

動物たちは普段のように住める状況ではなくなってしまう。

その森で育ってきた、ある子グマもそのひとりだった。

 

彼は、地震で亡くなった叔父が生前に、

いつも楽しく話をしてくれた、

探検家の話が忘れられず、

その探検家が住んでいるロンドンを目指し、旅に出る。

 

なんとかロンドンには到着したものの、

周りは初めて出会うものばかり。

 

パディントン駅で路頭に迷う子グマに、

優しいブラウン一家が手を差し伸べる。

 

ロンドンへやってきた、小熊のパディントンが色々がんばる、

クマカワ☆ハートフルな作品。

 

児童小説「くまのパディントン」の実写映画化作品です。

 

パディントンがお世話になる、

ブラウン家のお母さんは、

サリー・ホーキンスが演じています。

『シェイプ・オブ・ウォーター』のイライザです^^

 

あと、二コールキッドマンが、

金髪ボブで美しすぎる・・・w

 

ずっとホッコリした気分で観られる映画!

この映画は、ポワポワしたクマが人間の世界で頑張るのを、

微笑みながら見守る映画です。

 

色鮮やかに描かれたロンドンの町で、

クマの”初・ロンドン大冒険”を追っていきます。

 

最初まともにテーブルでご飯も食べられないですからね・・・

人間の常識を超えた世間知らずっぷりが楽しいですw

 

基本は、ちょっとした事から、

とんでもないハプニングへ発展してしまう

ドッタンバッタンを何度も楽しむ映画ですね^^

 

観客をハラハラさせるシーンもあるのですが、

それも他映画のシーンの完全なオマージュで、

終始ニコニコしながら観ることのできる、

やさしいエンターテイメント作品でした!

 

二コール・キッドマンが、

”トム・クルーズのアレ”をしますよ・・・w

 

まめちしき:原作『くまのパディントン』

私は個人的にパディントンといえば、

子供の頃に親が持っていた、

三井銀行(だったかな?)の通帳に書かれたキャラクター

のイメージでした。

 

それ以降、自分とは接点が無かった作品なので、

この機会に原作について調べてみました!

(主にwikipediaより) 

 

くまのパディントン

『くまのパディントン』

1958年にマイケル・ボンドによって執筆された小説。

 

妻へのクリスマスプレゼントを探していたところ、

売れ残りの小さなくまのぬいぐるみを見てかわいそうに思い、

妻へのプレゼントとして購入しました。

 

このぬいぐるみの名前は近くに住んでいた駅から

「パディントン」君に。

このぬいぐるみが原作を書くきっかけとなったそうです^^

 

彼はもともと、BBCのカメラマン。

最初はちょっとした趣味として書いていたそうですが、

10日で出版できるまでに一気に書き上げてしまったそう。

くまのパディントン 全10巻セット

その後カメラマンを退職し、執筆活動に専念。

さまざまな絵本を書き続けました。

パディントンシリーズは大人気となり

全世界の子供たちに愛される作品となりました^^

 

ぬいぐるみの恩返し・・・

このエピソードですら、おとぎ話にありそうな話ですね!

 

くまのパディントン ぬいぐるみ 40センチ スーツケース付

 

まとめ!

f:id:chiramix:20180314012542p:plain

子供向けのイメージはある作品ですが、

各所に散りばめられた某映画のオマージュシーンや、

音楽・映像もオリジナリティのある手法で、

観ていて楽しい、誰もが愛せるハートフルな作品でした!

 

私の中で、特にこの作品で印象的だったのは、

カリブ系バンドのおじちゃんたち。

彼らがシーン各所に映って、ニコニコ顔で演奏した音楽が、

映画の雰囲気に彩りを与えています。

 

実は彼らの歌う カリプソは、

原作『くまのパディントン』発行当時からの

”移民問題”と大きいかかわりがあるそうです。

色々記事を書くのに調べて分かりました。

 

歴史を背景にしたそのメッセージを感じられるまでは、

申し訳ない!私には学が足りないのですが・・・

 

エンターテイメント作品として映像化しながらも、

原作が持つストーリーや行間を大事に、

丁寧に作られた作品なんだなぁというのは良く分かりました。

 

最後は登場人物みんなと雪合戦がしたくなる、

とてもハートフルな作品です。

 

続編はヒューグラントが出ているそう・・・

そっちも早く観たいなぁ・・・

 

アヲハタ 55 オレンジママレード 400g

アヲハタ 55 オレンジママレード 400g

 
パディントン(字幕版)

パディントン(字幕版)