- ポジティブな話題をお届けする、ペイント雑記ブログ -

ペイント雑記ブログ:チラウト

戦うサイキックフリーター!?『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』

f:id:chiramix:20190429081138p:plain
皆さん、こんにチラ!

今回のコレミタ!

 

『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』をレビューします。

霊が見える青年が事件に巻き込まれていくお話。

 

あえて今回最初に言います。

「すごく、よい。

泣き笑いの織り交ぜられたエンターテイメントに満ちたホラー作品!

本日もネタバレ少なめにお話します^^

 

 

『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』について

あらすじ

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(字幕版)

オッド・トーマスは街のダイナーで働く、一見普通の青年。

だが彼は、”死者が見える”という特殊能力を持っている。

 

彼はそんな死者を放っておけない性格。

ある時は、突然現れた少女の霊についていき、

その娘を殺害した犯人を見つけ出し、逮捕まで追い詰める。

 

ある日、いつものようにダイナーでノリノリで仕事中のトーマスに、

「ボダッハ」という悪霊にまとわり憑かれた、怪しい男が現れる。

 

ーーこのボダッハは、流血の惨劇の前触れとして現れる。ーー

 

トーマスはその運命を阻止するため、

静かに立ち上がるのだった・・・

 2013年の映画です。

街で起こる惨劇とは何なのか・・・

そんな街の危機に立ち向かう

スピリチュアルボーイのお話。

 

怖いところは怖いのですが、

主人公とその彼女があっけらかんとしているので、

テンポよく楽しむことができる作品です。

 

気になるキャスト

主役のオッド・トーマスを演じるのは、

アントン・イェルチン。

新『スター・トレック』シリーズに出演していたそうです。

 

『オッド・トーマス』では、

ボーッとしているように見えて、

実はしっかり者なトーマスが自然な感じで、

”演者の演技”というよりも、

人としての魅力をキャラクターに感じました。

 

ーー無知で申し訳ないのですが、

この記事を書くために調べていたら、

 

2016年に事故で、

残念ながら27歳の若さでなくなった。

と、ニュース記事があり、驚きました。

 

この作品は彼の演技なしでは語れません。

いい俳優さんだったんだなぁ・・・

この映画をきっかけに

出会えてよかったなぁと思います。

 

 

ヒロインのストーミーは、

アディソン・ティムリンが演じています。

私は初めて観た方でしたが、

健康的でとても可愛い印象です。

 

そんなカップルを優しく見守る、

警察署長がウィレム・デフォー。

うん、優しい眼差しですなw

 

制作陣について

 監督兼脚本:スティーブン・ソマーズ

『ハムナプトラ』シリーズ(一部の作品は制作として)や、

『G・Iジョー』などを手がけた監督です。

 

キャラクターに魅力を詰め込んで、

時にコメディっぽいシーンで笑いを誘いつつ、

本筋はスリルのあるストーリーと演出でハラハラさせてくれる、

エンターテイメント性の高い映画を撮影する方だと思っています。

 

(いろいろ調べているけど、

 現在は新作は手がけていないのかな?

 情報がありませんでした。

 ご存知の方は教えてください^^)

 

サスペンス・ホラーだけど、ずっと楽しい名作

f:id:chiramix:20190429081212p:plain


今回知らない作品だったため、

ほとんど情報を見ずに作品を鑑賞しました。

こういう幽霊見える系の作品って、

ダークさが漂う、暗い作品が多いイメージがあります。

 

だけどかなりこの映画は独特で、

前述の通り、脚本・演技の力で、

キャラクターが生き生きしてるんです!

 

また、こういうジャンルはしょぼいCGに冷めちゃう事もありますが、

そんな心配も序盤で吹っ飛ぶので大丈夫です!

VFXは『ダークナイト』を手がけたチームだそうで、

流石の悪霊表現!気持ち悪いです!(褒め言葉)

 

私は、この映画の魅力にしっかり心掴まれてしまい、

悪霊ボダッハが出てくるシーンの度に、

観ているこちらまで心臓がバクバク、

 

トーマスのガールフレンド ストーミーが出る度に、

「ほんとに良いカップルだなー」とほんわかしたり、

 

「〇〇が怪しい!」と、今後の展開を推理したり・・・

 

その後のストーリー展開もなかなかで

あのシーンでは、「うはぁ…」

と思わず声が出てしまいました。

(↑観た人なら、わかってくれる!w)

 

特殊能力×謎解き×愛×ホラー

すべてをいいとこ取りした、

エンターテイメントを楽しめる名作!

 

まめちしき:原作をチェック!

オッド・トーマスの霊感 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-7)

この映画はディーン・クーンツの著作

『オッド・トーマスの霊感』をもとに制作されたそう。

小説 オッド・トーマス シリーズは

8作品で構成されているそうです。

 

ただ、シリーズ後半の作品は邦訳されていないようで、

これは、途中でモヤモヤしてしまう事になるやつ・・・

正直、読むか読まないか、迷いますね ^^;

 

でも、

映像化やファンの声がきっかけで変わるかも!

今後に期待です!

 

オッド・トーマスの霊感 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-7)

オッド・トーマスの霊感 (ハヤカワ文庫 NV ク 6-7)

 

 

まとめ!

f:id:chiramix:20190429081233p:plain

→ココがGOOD!

ジャンルを飛び越えるほどのポップさ!だけどしっかりホラー!

全編に渡って軽快なテンポの演出。

そのおかげで、中だるみがなく楽しめます。

特殊能力系の映画好きな方には特におすすめです。  

明らかにシリーズ化の第1作目として制作されているので、

どうなるのかなぁ・・・

 

いろいろな事情で続編やシリーズ化が難しく、

更に原作も、邦訳がない今は簡単に読めない・・・

現状ムズムズするような状態ではありますが、

 

もし何らかの発表があったときは、

”なにか動きがあった”というだけで

きっと私は小躍りすることでしょう。

 

そんなこんなで埋もれてしまっている作品ですが、

未見の方は是非、映画外の情報は取っ払って

まずは、楽しんで観てほしい作品でした! 

 

これからの展開にも期待ですね!

 

ちなみに

↓予告編の「サイキックフリーター」がパワーワードすぎw

映画『オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主』予告編 - YouTube

 

あまりの的確さとインパクトに思考持っていかれたため、

今回の記事はこちらをタイトルとさせていただきました^^;

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]