それって、なんだかミステリー?アニメ映画『パプリカ』レビュー

本日もAmazon ビデオにて鑑賞した作品を記録します。

前から気になっていた、アニメ映画『パプリカ』。

すごいアニメを観ました・・・

本日もネタバレ少なめにお話します^^

f:id:chiramix:20180212142044p:plain

 

 

『パプリカ』 あらすじ

パプリカ

”DCミニ”は、夢を共有する装置。

 

ある日、その研究開発中の”DCミニ”が盗まれてしまい、

それを悪用して他人の夢に強制介入し、

悪夢を見せ精神を崩壊させる事件が発生するようになる。

 

研究所のメンバーは

犯人の正体・目的、そして終わり無き悪夢から抜け出す方法を探る。

「私の夢が、犯されている―」

 

Wikipediaより引用 一部変更)

 研究中の装置を使った、夢テロが起こってしまう、

夢と現実のいったりきたり、大人のSFサスペンス。

 

『東京ゴッドファーザーズ』の今敏監督作品です。

原作は筒井康隆の同名小説。(今回も原作読まずに鑑賞しました。)

 

夢と現実を行ったり来たりする、

映画『インセプション』などにも影響を与えたのではないか

と言われている作品です。

個人的には『インセプション』より面白かったけどもw

 

夢って、たまに怖いよね・・・

実際に自分が見た夢で、

いくつかトラウマのように覚えてる夢があります。

 

小学校の頃見た夢では、

通学路をいつもの通り歩いていたら、

浮いてる人形がものすごいスピードで追いかけてくる夢。

 

学生時代だと、

全力疾走の友人と一緒に延々と続く階段を、

加速しながら駆け下りていく夢。

 

いまだと、元の職場の人間から怒られ続ける夢を見ますw

 

こういう夢って、

普段とは違って色鮮やかで現実っぽくて、

起きた時、すごく気持ち悪いですよね。

 

この作品、その気持ち悪さを感じる映画になっています。

なおかつこの作品は、現実と夢・精神世界が交錯する話なので、

 

言葉の通りに”現実離れ”していて面白いアニメです。

 

 まめちしき:今敏監督について

2010年に46歳でガンで永眠された方です。

今回ブログに書くことで調べて知りました。

 

にわかの私からは、

「この作品に出会うのが遅かったけど、

 出会うことができて良かった」としか言えないのですが、

 

公式ブログの最期の投稿、「さようなら」が非常に心に刺さりました。

 

今監督のオフィシャルサイト拝見していますが、

映像作品だけでなく、言葉でも表現できる方だったんですね。

今監督の表現、大好きです。

これから残った作品を観て行きたいと思います。

 

今監督の遺言といえる大事な投稿ですから、

広告がある私のサイトでは紹介しません。

ご自身で検索してください。

 

まとめ!

もっと早く観ていればよかったと思う作品に、

また出会ってしまった・・・w

 

本当に夢を見させられているような、

リアルだけどリアルじゃない、

過激で美しいアニメーション表現。

テンポの良いストーリーと幻想的な音楽で引き込まれます。

 

全体を理解すると、もう一回!と観たくなる中毒性の高い作品で、

現在『パプリカ』2周目を観ながら記事かいています。

モニターに映っているだけでも気持ちがいいです。 

 

今監督の言葉と一緒に楽しめる

パプリカの公式ブログがありました。

この作品を楽しむための、

ちょっとしたスパイスになるかもしれません。

blogs.yahoo.co.jp

 

監督がこの作品について、これでもかと言うほど語っています。

この監督の情報量、映像・音楽、全てが私にとって衝撃でした。

 

記事かいていたら2周目も終わってしまいました。

そのまま3周目突入。今日はいい日です。

それじゃあ、「アンコール!!」 (←観た人は分かるw)

 

 

パプリカ

パプリカ