ヒット・ガールが♪ラーラーラー ラララーラ♪『キック・アス』レビュー!

今日もAmazon ビデオで観た作品をレビューします。

『キック・アス』primeで観れました!

これも以前観た映画ですが、好きな映画なので記録として残します。

これから観る人のために、ネタバレは控えめです^^

 

f:id:chiramix:20180211084811p:plain

 

 

『キック・アス』 あらすじ

 

キック・アス (字幕版)

コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生、デイヴ。

 

デイヴは、インターネットで買ったスーツとマスクで、

ヒーローとして街で活動を始める。

 

 

ある日、パトロール中に遭遇した事件がきっかけで、

彼は”キック・アス”というヒーローとして、

世間から注目され始める・・・

 

 (シネマトゥディより一部引用)

マーク・ミラー原作のコミック作品を、

マシュー・ボーン監督が映像化。

 

平凡どころか、イケてない高校生が、

全身タイツでがんばるヒーローに。

 

有名になった彼を中心として、

マフィア 対 正義(?)の味方のヒーローバトルとなって行きます。

主人公巻き込まれ系コメディ・ヒーロー作品です。

 

ちょっと思春期のHな話や、

人がガンガン殺される様な全体的にえぐい描写が多く、

いろいろ理由あってR-15の規制があります。

 

ヒット・ガールを観る映画

この映画は中盤から一気に面白さが加速しますw

なぜなら、美少女ヒーロー・ヒットガールが怖カワイイから!

 

クロエ・モレッツが演じるヒット・ガールは、

設定では11歳くらいの女の子。

 

”ハートの杖を持って魔法を唱える”というわけではなく、

ハンドガン・バタフライナイフ・ダブルブレードで、

「そこまでやるか」と言うくらい、

容赦なく悪人をバッサバッサと殺していきます^^;

 

間違いない、この子が主役。

 

そんな彼女のお父さん”ビッグダディ”はニコラス・ケイジ(笑)

彼のコスチュームも、活躍も最高にオヤジカッコいいです。

 

2人のオフのときのシーンが一番お気に入りです。

こんな殺し屋親子が居たら絶対怖いはずなのに、

2人のシーンは親子愛が感じられて、とても微笑ましい。

 

まめちしき:マシュー・ボーン監督について

こちらの監督は、

今話題の『キングスマン』シリーズの監督です^^

 

この記事を機に、いろいろ調べていましたら、なんと!

『ロック・ストック&トゥ・スモーキンバレルズ』

『スナッチ』

の製作を担当していたそうです。

(こちらも好きな作品だったので、本当に驚きました!)

 

それを知ってから観ると、

マフィアの面子とかスローモーションのシーンとか

「なるほど!」なシーンが結構ありました!

 

軽快なテイストだけど、痛みを感じるくらいのリアルな表現。

しっかり骨太なアクションとエンターテイメント性が高い、

すごく好きな監督の一人です。

 

普段何も考えないで観る事が多いですが、

こういう映画の事情知っちゃうとまた観たくなって、

一日1本の鑑賞じゃ足りなくなってくる・・・

 

映画ってほんと、すばらしいですね(笑)

 

 

 

まとめ!

ビッグダディとヒットガールの2人が出てから、

テンポのよさと派手なアクションで、

特に中盤からものすごく楽しめる映画です!

 

「表現過激すぎ!」と批判もある映画ですが、

グロ描写もこの軽さでやっちゃうのかよー

というコメディです(笑)

 

いろいろ考えずに楽しみましょう!

 

 

キック・アス (字幕版)

キック・アス (字幕版)