すべてはカトーのおかげ!映画『グリーン・ホーネット』レビュー

以前観た作品ですが、

Amazon ビデオにて見つけて鑑賞しました。

(↑こちらでは吹替え版のみ あるみたいです・・・)

個人的には結構好きで数回観ていますw

いつもの通り、ネタバレ少な目レビューします^^

f:id:chiramix:20180206235338p:plain

 

 

『グリーン・ホーネット』 あらすじ

 

グリーン・ホーネット (吹替版)

新聞社の若き社長ブリット・リイドは、

夜になれば全身グリーンのスーツとマスクで身を包み、

”グリーン・ホーネット”として街中の犯罪者と戦うヒーローだった。

 

ハイテク装置満載の愛車を駆って相棒のカトーと共に、

ギャングを倒す日々を送っていた。

 

ついにギャングの支配者、チュドノフスキーを追い詰めるのだが……。

 

シネマトゥデイより引用 一部引用)

 (↑めっちゃシンプルなあらすじですねw)

 

父上を亡くした ボンボン息子ブリットがそのまま若社長となり、

遺された財力と、ものすごく良くデキる天才使用人のカトーを相棒に、

”バットマン&ロビンごっこ”をする話です。

ブリットはヒーローにあこがれた一般人なので、強くないですw

 

主役ブリットはセス・ローゲン、

相方のカトーはジェイ・チョウが演じています。

この2人、見たことなかったけど結構楽しげでいい感じです。

 

監督はミシェル・ゴンドリー(!)

ヒロインはキャメロン・ディアス(!)一部が謎の豪華っぷり・・・

 

ミシェル・ゴンドリーの製作した、

バレットタイム(スローモーション)は

ほかの映画には無い独特のエフェクトで病み付きになります^^

 

まめちしき:豪華なキャストなのは何故?

何でだろうと思っていたのですが、

このブログを機に調べたところ、

1930年から’52年まで、ラジオ番組として放送、

1960年台にTVドラマシリーズとして日本でも放送された名作だそうです。

 

なんと、そのドラマシリーズはスターになる前の、

ブルース・リーがカトー役で出演していたとの事!

メチャクチャびっくりしましたw

トレードマークのヌンチャクはこの頃から使い始めたそうです。

ソッチの方、すごく面白そう!(笑)

 

観てて楽しい映画です。

さて、話を現在に戻しましょうw

 

いままでの作品のベースとなった、

ヒーロー物の中での古典作品だと知る前に観てしまうと、

改造車・バレットタイムのアクション・2人組みマスクヒーローなどなど・・・

”いろいろな作品を混ぜたいいとこ取りヒーロー物(コメディ仕立て)”

にしか見えてなかった^^;

 

だけどそんなの関係なく、観てて楽しいんですよ!

それだけでいいんです!

 

 ブリットはノリだけで行動、

カトーは強すぎて、スローモーションまで使える次元の違いっぷりw

 

悪役チュドノフスキーは、いつもいまいちキマらず、

どうやったら皆に怖がってもらえるか真剣に悩んでいたりと、

設定だけでもやりたい放題な映画です。

いろいろ振り切れてて、かなり愛嬌のある映画ですね。

 

まとめ!

こちらの作品は主役ブリットのアホさ加減を、

メインに楽しむコメディ映画だとおもいます。

 

ですが、数回観るとテンポも良くて、

いろいろ細かいところまで作りこんである良作に感じてくる、

変な作品です。(笑)

 

 

 

 ※字幕版はamazonビデオに無かった^^;

  吹替えはブリットを山寺宏一が演じてるので楽しめますよ!