過去のラジー賞作品を観てみよう!『エアベンダー』レビュー

本日もAmazonビデオで鑑賞した作品記録です。

『エアベンダー』

自然の力を操る不思議な力をテーマにした、

ファンタジー作品。

本日もネタバレ少なめにお話します^^

 

f:id:chiramix:20180305195645p:plain

 

 

『エアベンダー』 あらすじ

エアベンダー (字幕版)

 気、水、土、火の4つの王国が均衡を保つ世界。

しかし、攻撃的な火の王国が反乱を起こし、

その武力を前に、人々の平和が脅かされる事態に。

 

気の王国の生き残りであり、

気を操ることができる“エアベンダー” アンに希望が託される。

 

しかし、彼が世界に調和をもたらすには、

気・水・土・火全てを操る“アバター”を目指さねばならずーー。

 

シネマトゥデイより引用 一部変更)

 自然をつかさどる4つの力を操る人たち、

”ベンダー”の戦いを描いたファンタジー。

 

監督は、M・ナイト・シャマラン監督。

以前、鑑賞した『スプリット』の監督さんです。

www.chiramix.com

 

名を挙げるほど、特に有名な方は出演していないですが、

VFXは、I.L.M(ルーカスフィルム所有の制作会社)が担当。

「こっちで勝負!」感が伺えますね!

 

王道ファンタジー3部作構成の1話目!

土の巻 第20章 運命の分かれ道

アメリカのテレビアニメのシリーズ

『アバター 伝説の少年アン』を映像化した作品です。

 

実はこの作品は『アバター』という名前になる予定でしたが、

同時期にジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』があり、

競合に負けて『エアベンダー』となったそう・・・^^;

 

原作がアメリカでは人気の作品だったということで、

この映画も、設定がしっかりしており、

3部作の最初の作品として作りこまれた作品となっています。

 

私は以前から気になっていたので、今回鑑賞しました。

(後述のラジー賞受賞作なのもきっかけですがw)

 

独特な少林寺拳法をモチーフとした戦い方が、

オリジナリティを感じて結構良い感じ。

その動きと連動した、火や水などのエレメントのエフェクトが面白い!

 

中2病からは少し成長した、高2病の30代の私には、

この殺陣はなかなか刺激的でした!

 

だけど、

「さっきのシーンでここにいたのに、なぜ今ここにいるの?」

「あれ?この戦いはこれで終わり?」

みたいな、編集に置いてかれていく感はとても強く、

 

最後も

「あれ?」

といってる間にエンドロールを迎えました・・・w

 

楽しい!けど、惜しい!という映画でした。

 

まめちしき:ラジー賞とは?

「ゴールデンラズベリー賞」といわれる賞の別称です。

1981年 創設の歴史ある賞。

アカデミー賞の前夜に毎年、「最低な」映画を選び、

愛を込めてムリヤリ表彰する、ある意味名誉ある賞となっています。

 

最新の(2017年度)受賞作は?

今年(2017年度作品)は、

公開時からある意味評判だった作品、

「emoji the movie」ががっちり賞を持っていきましたw

eiga.com

 

これは多分、記事のリクエストが来ない限り観ないな・・・w

 

『エアベンダー』はどうだったの?

まあ、そういう由緒ある賞なのですが、

『エアベンダー』は、

2010年度のラジー賞で、

最低作品賞・最低監督賞・最低脚本賞・最低助演男優賞、

”最も3Dの使い方が間違っていて目に悪い映画賞”

5部門をガッツリ受賞。つ・・・強いw

 

私は3Dで観てないから、目に負担が無く楽しめましたw

 

脚本・監督など、作品根本に関わる部分が多いですね。

前述の編集の部分、ラジー賞会員の皆さんも気になったのかなぁ。

大作への期待があっただけにガッカリしたんでしょうね^^;

 

この作品は人種差別の観点でも、

問題視された部分があり、炎上したとの事。

 

3部作のはずが、続編も凍結されてます・・・

 

「あれ?ここで終わるの?」

の後に、何も無い映画になってしまいました・・・^^;

 

まとめ!

f:id:chiramix:20180305192441p:plain

色々、映画外でザンネンなことがあった映画!

だけど、戦闘・エフェクトは結構面白い!

重低音ゴリゴリで観るといいよ!

 

次は2章!これから面白くできるのかもしれないな・・・

と思わせながら、続編が出ない^^;

これぞ、シャマラン監督のお得意などんでん返し!

なワケではないですよね。すいません・・・

 

だけど、

ラジー賞とってても、面白い映画は面白いですよ!

人によって、映画の合う合わないは絶対ありますからね。

 

「好き」の逆は「嫌い」じゃ無くて、「無関心」

 

そのニュアンスがちょっと分かった映画でした。

 

エアベンダー (字幕版)

エアベンダー (字幕版)