もうツッコミきれない!未来監獄SF映画『ロックアウト』レビュー

【スポンサーリンク】

Amazonビデオで鑑賞した作品記録です。

『ロックアウト』

宇宙監獄が乗っ取られてしまうアクションSF。

本日もネタバレ少なめにお話します!

f:id:chiramix:20180227213246p:plain

 

 

『ロックアウト』 あらすじ

ロックアウト (字幕版)

人類の安全欲求が高まった2079年の世界。

 

「宇宙のアルカトラズ」と言われる脱獄不可能な刑務所「MS-1」は、

コールドスリープによって500人の囚人の完全管理が行われていた。

 

しかし、ある事件をきっかけに囚人全員が目覚め、

刑務所は最悪の宇宙要塞と化す。

 

問題を起こしてばかりの元CIAエージェントのスノーは、

人質となった大統領の娘を救うため、

単身で宇宙監獄に送り込まれるのであったーー。 

 

映画.comより引用 一部変更)

500人の囚人だらけの監獄から、人質となった大統領の娘を助け出す、

SFスペースアクション。

 

『レオン』の監督、

リュック・ベッソンが製作・脚本に関わっています。

『フィフス・エレメント』以来、15年ぶりのSF作品!

 

500人に立ち向かう主人公、

エージェント スノー役は、

ガイ・ピアースが演じています。

 

個人的なお気に入りキャラは、

囚人のハイデルとアレックス。

典型的な頭脳派キャラと、イカれたヤツのコンビで、

いかにも漫画的な設定がいい感じでした。

f:id:chiramix:20180227222022p:plain

リュックベッソンの映画の悪キャラは、

個性が強くて良いですよねー

 

ツッコミポイント満載な95分を楽しめる。

最初に言っておきます。

この映画、笑いましたw

私のような、ツッコミ体質の方はたまらないでしょう。

挙げたらキリがないので、ツッコミポイントを一部だけご紹介。 

 

もうこれは、誰が観てもあの映画。

主人公 スノーは、とんでもないタフガイ。

一人で潜入し、出会いがしらに攻撃を仕掛けて、

反撃を受けながらも気合と根性で敵を倒す。

 

そして、無線で司令官から「大丈夫か?」ときかれると、

傷だらけなのに、ニヤリとブラックなジョークで返答。

 

もう、これ『ダイ・ハード』じゃんか・・・w

 

実際、WEBのレビューも、大勢のツッコミ体質な方が、

「マクレーンかよ!」って言ってますw

 

SFダイ・ハード感はハンパじゃありませんが、

割り切って観れば面白いです!

 (↑このブログで、何回もこのセリフ言ってるような・・・)

 

  冒頭のCGは、かなりチープ

冒頭の追っかけシーン。

結構大事なシーンだと思うんですが、

絶対ここに予算かけられなかったんだな・・・

と分かるザンネンなチープさです。

 

「『ウルトラバイオレット』かよ!」

 

でもそのかわり、宇宙監獄などの肝心なところは

予算をしっかり配分したのか、

ガッチリ作りこまれてたので安心しました。

 

でも最初のCGシーンは大事だから、

しっかり作ってほしかったなぁ・・・w

 

無駄な設定どころか、大事な設定すらも省いている

 

「何で、この内容を1時間30分に収めたのか分からない!」

この映画で一番のツッコミポイントです。

 

話は、全編早送りしてるかの如く、進行が速いです。

よく言えば無駄がない。あっさりしている。

 

そして、宇宙が舞台の映画ですが、

地球でもしっかり話があります。

これは別の映画にしてもよかったんじゃないかな・・・

という蛇足感がありますね。w

 

そして、「え?アレでいいの?」

「あれだけ苦労したアレは、結局何なの?」

などなど・・・

頭にクエスチョンがついた状態でエンドロールに入ります。

 

そしてエンドロール(本編に無関係の曲)が難なく終わります。

・・・再生終了。

 

「おおーい、何もないのかーいw」

 

というあなたのツッコミで、オチがつく作品です。w

 

まめちしき?:監獄つながりで「網走監獄」とコラボ 

eiga.com

 

すごいインパクトのPRですよね・・・(笑)

 

でもよくニュースを読むと、

「網走刑務所」を観光用に移設・公開している、

「博物館 網走監獄」とのコラボでしたw

 

まあ正直、

「それでも、こんなコラボやっていいのか感」は有りますけどね^^;

いやぁー ツッコミが追いつかない作品だわ・・・ 

 

まとめ!

f:id:chiramix:20180227222230p:plain

B級SFボケ倒し作品

『ガイ・ピアースのスペース・ダイ・ハード』~急ぎ気味~

                  でした!

なんだかんだ言いましたが、結構楽しめました!

「注文した商品と違う商品が来たけど、

 食べてみたら意外と美味しかったです!」という感じw 

 

SFとしてザンネンだったのは、

メカとか武器とかに印象深いものがない点。

2079年の未来設定なのに、未来感が感じられませんでした。 

 

現代が設定の『ミッション・インポッシブル』の方が

この映画より先のテクノロジーを使ってるような気がするw

 

ストーリーも王道を行こうとしてはいますが、

詰めが甘い!なのに、はしょりすぎ!

もうちょっと、未来型SF映画として、

デザイン・ストーリーに

作りこみがあったらいい作品だった! 

 

粗が目立ち過ぎる作品ですが、

自分の期待に対して、

別の形で応えてくれた オモシロ映画でした^^

 

『ゼロ・グラビティ』観た後だと、

宇宙のシーンも、なかなかツッコめますよw

 

ロックアウト (字幕版)

ロックアウト (字幕版)