大人のダーク・ファンタジー映画『パンズ・ラビリンス』レビュー

本日もAmazon ビデオで観た作品を記録します。

『パンズ・ラビリンス』

独特な世界観が美しくも怖い映画です。

ネタバレ少なめでお話します!

f:id:chiramix:20180214202151p:plain

 

 

『パンズ・ラビリンス』 あらすじ

パンズ・ラビリンス (字幕版)

1944年のスペイン内戦で父を亡くし、

独裁主義の大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリアは、

この恐ろしい義父から逃れたいと願うばかり、

自分だけが知っている世界を外に見出す。

 

オフェリアは屋敷の近くに不思議な迷宮を見つける。

 

足を踏み入れると、迷宮の守護神”パン”が現われ、

彼女に危険な試練を与えるのであったーー

 

シネマトゥディより引用 一部変更)

女の子が現実から逃げ出すために、

別の世界へ現実逃避する、ダークファンタジー映画

 

ギレルモ・デル・トロ監督作品。

 

このファンタジーではファンタジーでも、

おどろおどろしい怪物が出る系のファンタジーです。

日本で言えば怪談系の怖さのそれ近い感じです。

 

PG-12になっていますが、

結構大人が見ても痛みを感じるシーンは多め。

子供が見たらトラウマになりかねないシーンもあると思います^^;

 

銃殺シーンもあるし、自分だったらR-15にしたいですね。

大人が観るファンタジーです。 

 

少女の”心の闇”を描写している映画

服屋をやっていたお父さんが戦争で亡くなり、

その後、お母さんが妊娠。

お客さんだった男性が「私がお父さんだよ」って・・・

 

しかも大尉である、その養父のところへ行ったら、

スペイン内戦の前線で、周りは残忍な軍人だらけ。

 

主人公オフェリアの心の中は、

さぞドロッドロな事でしょう。

 

だからこそ、彼女が迷い込むラビリンスは、

メルヘン的な魅惑のある要素を持ちながらも、

美しいけどグロく、恐ろしく描かれています。

 

知らない人に話しかけられたり、 

大人に追いかけられる不安とか、

変な儀式や、黒魔術っぽいおまじないとか・・・

少女の心の闇の表現が見事な映画だと思います。

全編にわたって、切ない映画なんですよね・・・

 

まめちしき:ギレルモ・デル・トロ監督について

もともとは特殊メイク・造形の会社を立ち上げ、

10年以上、特殊メイクの技術に触れてきた経験を持つ監督です。

 

『ヘルボーイ』や『パンズ・ラビリンス』は、

その経歴を持つ彼の熱意を感じる、

キャラクターデザインも見所となっています。

 

円谷プロや押井守、永井豪など、

日本のクリエイター作品の多くから影響を受けており、

 『パシフィック・リム』では、

やってくる”KAIJYU”を巨大ロボで迎え撃つ映画を作っちゃってます。

 

親日家でも有名で、

新作『シェイプ・オブ・ウォーター』のPRのための来日では、

お餅としゃぶしゃぶの食べ過ぎで、

ジャケットのボタンが閉まらなくて困るような、

プーさん的 一面も、ファンにはたまりません(笑)

 

『メタルギア』シリーズで有名な

ゲームクリエイターの小島秀夫とも、

深い親交があることで有名です。

 

普通の人には撮れないような、

独特な世界観を持ちながら、

彼の技術と熱意で作品が完成されていく、

同じ時代に生きててよかった監督です^^

 

関わっている作品が、何故か全部良い作品ですw 

 

まとめ! 

内容は凄く重いです。

その分、理解すると深さを感じる映画ですね。

 

一人でいるときの森。家の裏の謎の像。

一人で寝なくちゃいけない時の暗闇。

子供のときに抱いてしまう、

怖さ・不安を描いた作品だと思います。

 

凄い監督だわほんとに・・・

 

 

 

あと、ネタバレ止めてたんですが、

私、ツッコミ体質なので、

どうしてもこれだけは言わせてほしい。

 

↓観た方だけ、コピペで見てください。

あの状況でぶどうは食べないでしょ!しかも2粒!」(笑)

 

 

 

パンズ・ラビリンス (字幕版)

パンズ・ラビリンス (字幕版)