これは背骨の映画!「スマグラー おまえの未来を運べ」レビュー

【スポンサーリンク】

Amazon ビデオで観た映画をレビューします。

本日は『スマグラー おまえの未来を運べ』。

以前観た作品ですが、納得いかずにもう一回鑑賞。

納得いかなかったので、その点を中心にネタバレ少なめでお話します^^;

この映画好きな方もいらっしゃると思いますので、

一意見としてサラッと読んでください・・・

f:id:chiramix:20180203200643p:plain

 

 

『スマグラー』 あらすじ

スマグラー おまえの未来を運べ

俳優への道をあきらめ、その場しのぎの日銭でしのいでいる砧涼介は、

借金返済のため、日給5万円という高額の運送アルバイトをすることに。

 

砧はいそいそと初仕事にかかるものの運送屋とは名ばかりで、

その内容は死体などのヤバイ荷物の運搬と処理だった。

 

たった一度のミスすら命取りになる危険な世界に足を踏み入れた砧は……。

シネマトゥデイより引用)

 

借金を背負ったことで、ソッチ系の運び屋にされてしまう、

主人公の受難と逆境からの成長を描いた、

PGー12バイオレンス映画。

 

漫画を映画にした作品との事。

『闇金ウシジマ君』の著者、真鍋昌平の作品らしいです。

私は読まずに鑑賞しています。

 

『鮫肌男と桃尻女』『PARTY7』などの作品でおなじみの石井克人監督作品

主役の砧役は妻夫木聡、ほかにも凄まじい面子です。

メインキャスト以外にも、こんなに出てるんだ!

というような感じ。

 出ている方の演技はどなたも”熱演”という感じで、

 キャラがとても濃く、楽しめます^^

 

その中でも、殺し屋「背骨」を演じた安藤政信が最高です。

 

石井監督作品、大好きです。だから・・・

私は、『鮫肌男~』のメチャクチャかっこいいオープニングから、

この監督が好きで、数々の作品を追って観てきました。

「Grasshoppa!」も大好きです。

 

ですが、私がこの作品を観て思うことは、

「鮫肌は超えられないな・・・」でした。

f:id:chiramix:20180203201906p:plain

本当にごめんなさい!

 

 

映画のはじまり方から

「そうじゃないんだよ」感がすごい。

ちょ!オープニングは!?って感じです。

怖い人たちの何気ない会話に笑えるのは今回もありますけど、申し訳程度。

 

あと、観ていて面白くない、

無駄にエグいシーンが多い。そしてそれが長い。

 

以前はバイオレンスな場面でも、

コミカルで面白く印象的なシーンがいくつも頭に残るのですが、

 

正直、今回は「背骨」絡みのシーンだけしか良くなかった・・・

 

あえてもう一回見た理由は・・・?

「背骨」を観るためです!

 

石井監督の作品『鮫肌男~』の鶴見辰吾が演じた「ミツル」が最高に好きなんです。

(あのツナギ着て、ジッポ振り回したい・・・w)

 

今回、「背骨」は彼に匹敵するくらい熱いキャラだと思います。

謎の高速移動もするし(笑)

 

彼の相方、「内臓」と一緒にいるときの、

戦わなくてもわかる「あの二人、絶対強い」感、良いですね!

 

チームを組んでる殺し屋って何か不思議な魅力がありますよね。

たとえば、漫画『ヨルムンガンド』の”オーケストラ”とか、

主人公目線・敵目線 どちらで観ても、

ストーリーが一気に面白くなる要素を持っていると思います。

 

ちなみに『鮫肌男~』に登場する”八王子”の3人組も好きですw

(まあ今度この映画については語らせていただきます^^;)

 

まとめ!

脱線してますね・・・まあ何が言いたいかというと、

『鮫肌男と桃尻女』が面白い!

 

ただ、「背骨」はたまに観たいです!

 

先程挙げた他の作品も、

好きなシーンが多くて、絵を描きたいので、

いつか改めて熱く語らせてください^^

 

 

 

 ※「鮫肌~」はDVDです。配信されないかなー