何度も観たいスルメ映画!考えないで飛び出そう!「LIFE!」

【スポンサーリンク】

昨日の記事に続き、

何度も観ているはずなのにパッケージを見たら、

そのまま観たくなる映画をご紹介します。

今回は、公開時に劇場で見て、

更にその後 購入したビデオのレビューです。

ネタバレ少なめでレビューします。

f:id:chiramix:20180201043935p:plain

 

 

 「LIFE!」 あらすじ

LIFE!/ライフ オリジナル版 (字幕版)

ウォルターは、伝統的フォトグラフ雑誌『LIFE』編集部のネガフィルム管理部門で

真面目に働きながらも、地味で平凡な人生を送る冴えない男。

 

想いを寄せている同僚のシェリルに直接声を掛ける勇気もなく、

彼女がパートナー探しのウェブサイトに登録していることを知れば、

自身も登録してみるものの、特徴的な体験談のひとつさえも書くことがない。

 

しかしお得意の空想の世界では、

時にアクションヒーロー、時に勇敢な冒険者となり、

シェリルに対して情熱的な台詞を言うことも出来た。

しかし所詮それは、空想の世界の出来事でしかなかった。

 

ある日出社したウォルターは、突然のライフ社事業再編と、

それによるLIFE誌の廃刊を知らされるーー。

 

wikipediaより引用 一部変更)

『ライフ・オブ・パイ』のスタジオ製作の

ヒューマン・アドベンチャー作品。

 

主演のウォルターはベン・スティラーが担当しています。

監督も、彼が担当しています。

コミカルな演技も真面目な演技も、最高です。

 

個人的には、ベン・スティラーはもちろんですが、

一流カメラマンのショーンを演じる、

ショーン・ペンが印象的でした。演技が渋い!

 

妄想の世界から現実の世界へ

地味で平凡な主人公 ウォルターは頻繁に、

現実から妄想の世界へとダイブします(笑)

 

全力で作られたクォリティの高い映像なので、

最初は「これ、何のジャンルの映画だっけ?」

観客が置いていかれがちですが、大丈夫です。

 

彼はその間、現実世界でボーっとしているだけなので・・・ ^^;

周りから見たら、さえないヤツになってしまっています。 

 

まあ結局は いつも頭で考えても、

何もできずに終わってしまっている人なんです。

 

観客は一緒に妄想の世界へ飛んでいるので、

主人公ウォルターと同じ視点で物事を見ています。

 

なので、その後の彼の、

現実なんだけど、数々のありえない様な体験を、

自分たち観客も一緒に経験させてくれるような感覚で観る事ができます。

 

美しい風景と、素敵な出会いに、

観た後は本当に旅をしたような達成感すら感じる作品です。

 

「世界を見よう お互いを知ろう それが人生の目的だから」

この言葉は、雑誌『LIFE』社が掲げる、スローガンです。

映画を観た後にこの言葉を見ると、

 

「自分にはこれから、どういう出会いが待っているのだろう」

と、ワクワクしてきます。

 

ただ、それも動かないと始まらない!

これを『LIFE!』から教えてもらいました。

 

 まとめ!

 妄想と、行動のバランスって難しいですよね。

 自分も妄想好きな、体動かさない人間なので、

この映画を生きているうちに観てよかったと心底思います。

 

その上、私は現在 怪我やら病気で療養中で、

なかなか自分が思うよりも動きが鈍くなってるのですが、

 

現状のイライラを癒してくれるだけでなく、

そんな状況だけど次は何に挑戦しようか・・・と、

心の火を灯し続けてくれる、

私にとって、とても大切な作品です。